DCON Start Up 応援1億円基金

【設立の背景】

高専生の電気・機械などハードウェアの力にディープラーニングを加えることで生み出されるソリューションは、日本の社会課題を解決する力を持つとの想いから2019 年 4 月にスタートした DCON。
昨年はコロナ禍で、開催すら危ぶまれるような状況でしたが、それをものともせず、素晴らしい事業の数々が提案され、高専生の持つエネルギー・潜在力の大きさがまさに証明された DCON となりました。
高専生自身が今の時代に自分たちのもつ潜在的な価値に気づき、自信をもって新たなイノベーションを生み出すためのチャレンジを、JDLA はさらに強力に応援すべく、高専生の起業を応援する基金を創設することに致しました。

【意義】

高専生の起業という大きなチャレンジを支援・伴走し、「ハードウェア×ディープラーニング」に よるイノベーションの創出と、高専と高専生の更なる発展に寄与する
1. 起業に向けた資金的支援を通じ、広く高専生に起業の機会を提供する
2. 保護者的株主としての経営の伴走を通じ、高専生起業家にスタートアップの経営に対する実践的な学び の機会・期間を提供する
3. 更なる高専・DCON の発展に向け、本支援基金の収益を高専・DCON に還元する

【支援内容】

1. 1 社に対して 200 万円の資金提供
(ア) 起業資金として
会社設立の資本金、設立費用に充てる資金として 100 万円の寄付
(イ) 事業運営資金として
設立された会社に対して、普通株にて 100 万円の出資
(企業価値 5,000 万円、2%の出資)

2. 保護者的株主として経営を支援
(ア) ビジネス、ファイナンス、その他の面で定期的な相談の実施
(イ) バックオフィス業務の支援

【支援ポリシー】

1. 資金提供元 :
一般社団法人日本ディープラーニング協会 ・年次 1000 万円とし 10 年間実施

2. 支援判断 :
DCON Start Up 応援1億円基金委員会(JDLA 内に設置)にて判断

3. 対象 :
DCON 1 次審査通過メンバーの高専生(原則高専卒業後 1 年以内)の起業 ・日本での起業を前提とする

4. 資金提供額 :
200 万円(原則100 万円の寄付、100 万円の出資のセット)

5. 支援 :
① 経営相談 (まずは月1回から実施し、成長に応じて実施。)
② バックオフィス支援 (管理部門業務)

6. 株式保有方針:
IPO 時 50%を売却、50%は長期保有

7. 収益使途 :
株式売却による収益は、高専の発展及び DCON 運営に使用

8. 申込方法 :

下記より必要資料をダウンロード・該当項目へ記入の上、記載のメールアドレス宛に資料をお送りください。
また、「DCON Start Up 応援1億円基金」についての詳細は下記PDF資料をご覧ください。

エントリーシート送付先:dsf@dcon.ai

© DCON 2022