DCON2021オンライン説明会開催しました

前回大会「DCON2020」の模様はこちら

高評価獲得チームが続出!白熱の前回大会の様子を、是非こちらからご確認ください。

2020サイトはこちら

☆DCON2020本選の模様は、NHK教育テレビジョン(NHK E)放送番組『サイエンスZERO』でも2回にわたり放送されました!
下記よりオンデマンドでの視聴が可能です。

第1回 9月6日放送分 NHKオンデマンド
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2020109544SA000/
第2回 9月13日放送分 NHKオンデマンド
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2020109545SA000/

ディープラーニング × ハードウェア
高専生による事業創出コンテスト

DCON(ディーコン)は、高等専門学校生が日頃培った
「ものづくりの技術」と「ディープラーニング」を活用した作品を制作し、
その作品によって生み出される「事業性」を企業評価額で競うコンテストです。

Flow

DCON2021 大会の流れ
1
エントリー募集締切
2020年1112
※好評につき募集締め切りを延長しました!
一次審査結果発表 2020年 11月予定
2
二次提出締切
2021年1月 予定
二次審査結果発表 2021年 1月予定
3
本選
2021年4月 予定

Entry

エントリーについて

応募資格

全国の国公私立高等専門学校に在籍する学生(専攻科生を含む)

※応募時点で在籍していれば、本選時点で学校を卒業している方でも応募できます。

応募作品について

ディープラーニングとハードウェアを組み合わせた作品で、事業性に富むもの。一次審査では、書類選考のみのアイディアベースで構いませんが、本選までには展示デモンストレーションおよびプレゼンテーションができるレベルまで完成することが前提です。

エントリーする

Awards

表彰について
最優秀賞(1チーム)賞状及び、副賞/起業資金100万円
日本ディープラーニング協会若手奨励賞(1チーム)

その他、優秀賞なども表彰予定です。

Message

メッセージ
高専から、世界で躍進する企業を

ものづくりに密着した「現場感のある」「実践的な」ディープラーニングの活用によって解決できる社会課題はたくさんあります。

全国各地にある高専で、学生たちがディープラーニングを学び、新たなスタートアップが生まれ、投資資金が首都圏から流れれば、地方経済にとっても大きな刺激になります。
また、地方にある優良なものづくり企業と連携していくことで、地元企業の底上げにもつながり、その先には世界で通用する企業が生まれてくるかもしれません。

過去入賞チームの中から、実際に起業に至る事例も出てきました。
「ディープラーニング×ハードウェア」を武器に、世界一になる企業が生まれてくるかもしれません。

高専生自身が今の時代に自分たちのもつ潜在的な価値に気づき、自信をもって新たなイノベーションを生み出してもらいたいと思っています。

DCON実行委員会 委員長