About DCON

DCONとは

DCON(ディーコン)は、
ディープラーニング × ハードウェア
高専生による事業創出コンテスト

  • ハードウェア
  • ディープ
    ラーニング
  • 事業性

DCONは、高等専門学校生(以下、高専生)の日頃の学習成果を活かした、ものづくりの技術」と「ディープラーニング」を活用した作品によって生み出される「事業性」を競うコンテストです。
本選出場チームには、高専出身者を含む起業家有志が各1名ずつメンターとして参画し、開発した作品の「事業化」を支援し、作品の発表は、起業をイメージし事業を紹介するプレゼンテーションで行っていただきます。

ディープラーニング(DL)の技術は、習得して活用しようとすると、カメラ、通信、電源、チップ、アクチュエータ、さまざまな制御機械等、ハードウェアの知識が必要になります。ディープラーニングを学んだ人がハードウェアを学ぶのには時間がかかります。一方で、ハードウェアを学んだ人がディープラーニングを学ぶのは早く、半年〜1年で習得することができます。高専生は、電気・機械の技術を実践的に身につけていますし、ディープラーニングの吸収も早いと考えられます。
高専生がディープラーニングを身につければ、機械・電気・DLという三種の神器が揃った20代の人材がいきなり日本に誕生することになり、世界的に見ても非常に貴重な人材となるでしょう。GAFAに代表されるようなインターネット人材を中心とする「スマートな」ディープラーニングの活用ではなく、ものづくりに密着した「現場感のある」「実践的な」ディープラーニングの活用によってでしか解決できない社会課題があるはずです。ものづくりで磨かれた技術と、量で圧倒するアプローチで生み出される作品が、事業性をまとえば、急激に成長し世界で戦える企業が生まれてくるのではないかと期待しています。
高専は各地にあります。地元で起業して大きな投資資金が流れれば、地方経済にも大きな刺激になりますし、地方にある優良なものづくり企業と連携していくことで、地元企業の底上げにもつながります。
高専生の更なる活躍に期待をしています。

Message

メッセージ

ディープラーニングの技術進化が急速に進んでいます。そのイノベーションは、多くの人が想像するよりも、ずっと大きな変化を社会全体にもたらすものです。ディープラーニングが実現する、多数パラメータによる現象のモデル化は、従来の科学技術のあり方そのものを変える可能性すらあると思っています。

ディープラーニングの産業活用には、カメラ、センサ、アクチュエータ等、さまざまなハードウェアとの連携が必要になります。ディープラーニングを学んだ人がハードウェアを学ぶのには時間がかかりますが、それに比べ、ハードウェアを学んだ人がディープラーニングを学び、道具として使いこなせるようになるのはそれほど難しくありません。

そこに、高等専門学校生(高専生)の可能性があります。高等専門学校は、日本独特の教育制度であり、ものづくりの技術を実践的にかつ効率的に教育する優れた仕組みです。高専生がディープラーニングを身につけることで、機械・電気・ディープラーニングという「新・三種の神器」が揃った20代の人材が、日本に誕生することになります。GAFAに代表されるようなインターネット人材を中心とする「スマートな」ディープラーニングの活用ではなく、ものづくりに密着した「現場感のある」「実践的な」ディープラーニングの活用によって解決できる社会課題がたくさんあります。各地にある高専から、新たな企業が生まれ、大きな投資資金が流れれば、地方経済にも大きな刺激になります。また、地方にある優良なものづくり企業と連携していくことで、地元企業の底上げにもつながります。そのなかから、世界で通用する企業が生まれてくるかもしれません。

高専ディーコンはこうした想いのもとに誕生しました。高専生自身が今の時代に自分たちのもつ潜在的な価値に気づき、自信をもって新たなイノベーションを生み出してもらいたいと思っています。それが結果として、日本全体を勇気づけ、日本の明日を切り拓くことにつながっていけばと思います。

第1回高専ディーコンは、2019年4月に東京丸の内で行われました。そして、第2回は、市場性の高い課題を設定することで、さらに事業性の大きなものにつながればと思っています。そのために、事務局となるディープラーニング協会では、高専生への教育の提供や計算機環境の提供など、さまざまな支援を計画しています。

高専生の活躍を心より楽しみにしています。

DCON準備委員会 委員長
松尾豊

DCON 2O19

2019の開催概要

展示

  • AI/SUM内(丸ビル 1F マルキューブ)
    東京都千代田区丸の内2-4-1
  • 2O19.4.22 〜 4.24
    10:00~18:00(24日のみ16:00まで)
    ※展示はご自由にご覧いただけます

本選(最終審査)

  • AI/SUM内(新丸ビル 9F コンファレンススクエア ROOM901)
    東京都千代田区丸の内1-5-1
  • 2019.4.24  9:00 〜 12:00
    本選への参加にはAI/SUMのチケットが必要です ※一般席は残りわずかとなっております

表彰式

  • AI/SUM内(丸ビルホール )
    東京都千代田区丸の内2-4-1
  • 2019.4.24  15:00 〜 15:30
    表彰式への参加にはAI/SUMのチケットが必要です

主催

運営

  • DCON
    準備委員会

協力50音順

協賛50音順

後援

審査結果

【最優秀賞】

学校名:長岡工業高校専門学校
チーム名:長岡高専プレラボチーム

作品名:METERAI


審査結果を見る

お問い合わせ

Address
〒105-0011
東京都港区芝公園1丁目1番1号
住友不動産御成門タワー9F
一社)日本ディープラーニング協会 事務局内
Mail
info@dcon.ai