第4回全国高等専門学校
ディープラーニングコンテスト2023

NEWS

About DCON

ディープラーニング × ハードウェア
高専生による事業創出コンテスト

DCON(ディーコン)は、高等専門学校生が日頃培った「ものづくりの技術」と
「ディープラーニング」を活用した作品を制作し、
その作品によって生み出される「事業性」を企業評価額で競うコンテストです。

MORE >>

主催からのメッセージ

高専から、世界で躍進する企業を

ものづくりに密着した「現場感のある」「実践的な」ディープラーニングの活用によって解決できる社会課題はたくさんあります。
全国各地にある高専で、学生たちがディープラーニングを学び、新たなスタートアップが生まれ、投資資金が首都圏から流れれば、地方経済にとっても大きな刺激になります。
また、地方にある優良なものづくり企業と連携していくことで、地元企業の底上げにもつながり、その先には世界で通用する企業が生まれてくるかもしれません。
過去入賞チームの中から、実際に起業に至る事例も出てきました。「ディープラーニング×ハードウェア」を武器に、世界一になる企業が生まれてくるかもしれません。
高専生自身が今の時代に自分たちのもつ潜在的な価値に気づき、自信をもって新たなイノベーションを生み出してもらいたいと思っています。

DCON実行員会
委員長

全国高専連合会・国立高専機構からのメッセージ

一般社団法人
全国高等専門学校連合会

会長 後藤 景子

メッセージを見る >>

独立行政法人
国立高等専門学校機構

理事長 谷口 功

メッセージを見る >>

DCON2023 オンライン説明会 アーカイブ

どんなイベントなのか?どうやって参加するのか?分かりやすく動画で解説!
過去のDCON本選出場チームのメンバーによるパネルディスカッションでは、
参加したきっかけ、参加してよかったことについてお話いただきました。

<ダイジェストムービー>

<全編>

DCON2022 開催レポート

<ダイジェストムービー>

1時間ダイジェストを見る 全編を見る

<DCON2022 本選レポート>

Vol.1 Vol.2

PROGRAM

FLOW

DCON2023 大会の流れ

一次審査

エントリー提出締切

20220930日(金) 23:59

二次審査

プロトタイプ提出締切

20230113日(金) 18:00

本選

技術・プレゼンテーション審査

20230428

20230429


ENTRY

エントリーについて

応募資格

全国の国公私立高等専門学校に在籍する学生(専攻科生を含む)
※応募時点で在籍していれば、本選時点で学校を卒業している方でも応募できます。

応募作品について

ディープラーニングとハードウェアを組み合わせた作品で、事業性に富むもの。一次審査では、書類選考のみのアイディアベースで構いませんが、本選までには展示デモンストレーションおよびプレゼンテーションができるレベルまで完成することが前提です。


AWARDS

表彰について

最優秀賞(1チーム)

起業資金100万円

日本ディープラーニング協会
技術審査員賞(1チーム)

2位 | 起業資金50万円

3位 | 起業資金30万円

その他、企業賞なども表彰予定です。

詳細を見る

※本年度のエントリーは終了しました。

一次審査員

花田 賢人 / Kento Hanada

株式会社Liaro

代表取締役CEO


苫小牧高専情報工学科卒。高専〜大学では複雑ネットワークや機械学習の研究に従事。大学4年時に株式会社Liaroを創業。Liaroでは、"テクノロジーで意思決定を科学する"というミッションの下、メーカーや小売向けの需要予測AIサービスの事業を展開。

小宮山 正樹 / Masaki Komiyama

エッジテクノロジー株式会社

AIソリューション事業部 シニアコンサルタント


AIプロジェクトの新規提案活動、プロジェクトマネジメント業務に従事。製造業、サービス業、小売業等、複数の業界向けのAIプロジェクトを常時2-3社担当。CDLE HACKATHON2021メンター。その他、個人の活動としてスタートアップ企業の業務支援。

猪狩 宇司 / Takashi Igari

富士ソフト株式会社

イノベーション統括部先端技術支援部AIインテグレーション室 室長


DLを用いた医療画像診断の研究プロジェクトのリーダーを務めるほか、富士ソフトが取り扱う各種AI開発案件について開発支援を担当。2018~2019年までJDLA事務局に出向し、DCON第0回の運営にも参画。日本におけるAI・DL利活用の推進をミッションとして活動中。

二次審査員・
本選メンター

COMING SOON

本選
審査員

COMING SOON

本選
技術審査員

COMING SOON

DCON2023
アドバイザー

COMING SOON

MESSAGE

COMING SOON

DCON REPORT

DCON OBの活躍状況

現役の学生 兼 起業家として活躍するDCON OBへインタビューを実施しました!
是非こちらからご覧ください。

CREDIT

特別協賛

協賛

協力

資源提供協力

コンソーシアム会員

アイリスオーヤマ株式会社/株式会社アガルート/アビームコンサルティング株式会社/Alibaba Cloud Japan/ウエスタンデジタル合同会社/株式会社NTTドコモ/開志専門職大学/CLINKS株式会社/株式会社サードウェーブ/株式会社シー・アイ・シー/株式会社ジェイテクト/株式会社ステッチ/株式会社電通/有限責任監査法人トーマツ/株式会社トップエンジニアリング/株式会社日立システムズ/富士通株式会社/株式会社ブライセン/株式会社ベイカレント・コンサルティング/株式会社丸井グループ/株式会社三井住友銀行/株式会社安川電機/グーグル合同会社/KDDI株式会社/ジャパニアス株式会社/セレブラス・システムズ合同会社/SOMPOホールディングス株式会社/第一工業製薬株式会社/太陽誘電株式会社/中外製薬株式会社/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社/西川コミュニケーションズ株式会社/日本電気株式会社/日本マイクロソフト株式会社/野村ホールディングス株式会社/PwCコンサルティング合同会社/華為技術日本株式会社/富士ソフト株式会社/フューチャー株式会社/矢崎総業株式会社/北海道 札幌市/宮城県 仙台市/栃木県 那須塩原市/東京都 文京区/新潟県/新潟県 長岡市/長野県 塩尻市/愛知県 豊田市/愛知県 名古屋市/石川県 加賀市/和歌山県/三重県 伊勢市/山口県/香川県 三豊市/高知県/福岡県 北九州市/大分県/大分県 大分市/宮崎県 都城市/広島県教育委員会/山口県教育委員会(2022年8月時点)

主催:一般社団法人日本ディープラーニング協会
共催:日本経済新聞社
後援:国立研究開発法人産業技術総合研究所一般社団法人全国高等専門学校連合会

DCON Start Up
応援1億円基金

「高専生の起業の成功を支援すること」を目的とする起業支援ファンド

DCON参加経験者に10年間で総額1億円(1社あたり200万円)の資金提供を行います。(審査あり)
経営相談やバックオフィス支援など資金提供後に必要なフォロー体制も整備し
高専生のチャレンジをサポート致します。

詳細はこちら
© DCON 2023